予約専用ダイヤル 0299-85-1121
「泌尿器科がん」への当院の診療について

近年、国内における前立腺がんの患者数は著者明な増加を示しており、国立がんセンターの予測では、2015年に男性で第1位の罹患率となりました。したがって、今後ますます前立腺がん診療の重要性は社会全体としても、当院においても増大してくると考えられます。個別の治療手段ということでは、手術、放射線治療(IMRT・3D-CRT等)、薬物療法が選択肢となります。当院では手術・薬物療法を中心に実施しており、放射線治療は適応となる患者様につきましては、提携病院および他院への紹介をおこなっています。また、泌尿器科がんの中で前立腺がんに次いで多いのが膀胱がんです。筋層非浸潤性膀胱がんの成績は良好ですが、進行例の成績は不良です。3番目に多いのが、腎細胞がんです。進行例での発見も比較的多く、手術非対象例や進行例には分子標的薬投与を用いた治療もおこなっています。

主な病態および対象疾患

前立腺がん

PSAの測定や生検を積極的におこない、早期発見に努めています。もし、がんが見つかった場合には、年齢や病気の進み具合によって手術療法、放射線療法、ホルモン療法など患者様とご相談のうえ、最適な治療をご提供いたします。

腎細胞がん・尿管がん

手術療法が中心になりますが、腫瘍の大きさによっては、傷口の小さな腹腔鏡手術を積極的におこなっています。進行症例に対しては、各種抗がん剤治療を検討し、QQLを第一に考えた治療を提供していきます。

膀胱がん

早期がんに対しては、内視鏡的切除術をおこないます。進行した膀胱がんに対しては、原則的に膀胱全摘術をおこない、尿道が温存できる場合には小腸で新しい膀胱を造り、自然排尿可能となる手術をおこなっています。また、膀胱温存を希望される場合は、内視鏡を使った手術と抗がん剤を組み合わせた治療を選択します。

当院での診療の特徴

前立腺がん:PSA検診から前立腺生検まで確定診断をおこない、治療方針を決定します。具体的治療内容については、患者様とともに選択し、必要があれば他院(提携病院含む)へ紹介します。腎細胞がん、尿路上皮がん(腎孟尿管膀胱)については診断から治療まで幅広く当院でおこなっています。

当院の泌尿器がん等に係る手術等実績

(2018年実績)

前立腺

精巣摘出術 1

精巣

精巣悪性腫瘍手術 3

腎(尿管)悪性腫瘍手術 4
腹腔鏡下腎(尿管)悪性腫瘍手術 2

腎盂

経尿道的尿管狭窄拡張術 1
腎(尿管)悪性腫瘍手術 1
腹腔鏡下腎(尿管)悪性腫瘍手術 1

尿管

腹腔鏡下腎(尿管)悪性腫瘍手術 3

膀胱

膀胱悪性腫瘍手術(経尿道的手術)(電解質溶液利用のもの) 43
膀胱悪性腫瘍手術(全摘(回腸又は結腸導管を利用して尿路変更を行うもの)) 3
経皮的腎(腎盂)瘻造設術 1