予約専用ダイヤル 0299-85-1121
「膵・胆のう・胆管がん」への当院の診療について

膵臓にできるがんのうち90%以上は、膵管の細胞にできます。これを膵管がんといい、膵臓がんとは、通常この膵管がんのことを指します。このほかに、神経内分泌腫瘍、膵管内乳頭粘液性腫瘍などがあります。膵臓は、胃の後ろの体の深部に位置していることから、がんが発生しても症状が出にくく、早期の発見は簡単ではありません。

胆のうがんの高い危険因子として、膵(すい)・胆管合流異常があります。膵・胆管合流異常とは、膵管と胆管が十二指腸の手前で合流する、先天性の形成異常です。膵液と胆汁の逆流が起こることによって、胆道や膵臓にさまざまな病態を引き起こすことが知られています。そのため膵・胆管合流異常では、予防的胆のう摘出術が検討されます。また、胆のうポリープで10mm以上あり、かつ増大傾向を認める場合、あるいは大きさに関わらず広基性病変(粘膜の表面からなだらかに隆起している病変)である場合は胆のうがんである可能性が高く、胆のう摘出術が推奨されます。特定の生活習慣や食事と胆のうがんの関連については、今のところ明らかなものはありません。

胆管がんは胆管の上皮(胆管内側の表面をおおう粘膜)から発生する悪性腫瘍です。その発生した胆管の部位により、肝外胆管がんの肝門部領域胆管がんと遠位胆管がん、そして肝内胆管がんに分けられます。肝内胆管がんは胆管細胞がんと呼ばれることもあります。また取扱い規約では、肝内胆管がん(胆管細胞がん)は肝臓にできたがんとして、肝細胞がんと一緒に原発性肝がんとして取り扱われています。これらの胆管がん、胆のうがん、乳頭部がんを合わせて胆道がんと呼びます。

主な病態および対象疾患

内科領域

膵がん

画像診断(US、CT、MR、ERCPなど)、胆道ドレナージ術(内視鏡、経皮経肝)、内視鏡的十二指腸ステント挿入術、化学療法(GEM、GEM/nab-PTX、S-1、FOLT-IRINOX)

胆道がん

画像診断(US、CT、MR、ERCPなど、胆道ドレナージ術(内視鏡、経皮経肝)、内視鏡的十二指腸ステント挿入術、化学療法(GEM、GEM/CDDP、S-1)

外科領域

膵がん、膵管内乳頭粘液性腫瘍、膵粘膜性嚢胞腫瘍、膵内分泌腫瘍、胆管がん、胆嚢がん、十二指腸乳頭部がんが主な対象疾患となります。

当院での診療の特徴

内科領域

膵胆道がん(翆がん、胆管がん、胆嚢がん、十二指腸乳頭部がん)は予後不良のがんの代表であり、そのため、診断・治療方針決定は迅速におこないます。黄疸の治療は、病態に応じて内視鏡的もしくは経皮経肝的におこない、手術療法や化学療法を早期におこなえるよう努めます。また、緩和治療としても支持療法・疼痛コントロールは当然のことながら、胆管ドレナージや悪性胆道狭窄に対する十二指腸ステント留置をおこない、QOLの向上を図ります。必要な患者様であれば、減圧のための経皮内視鏡的胃瘻造設術(PEG)や栄養療法としての経胃瘻的空腸チューブ留置術(PEG-J)も当科でおこなえます。

外科領域

膵・胆道がんの手術は、全国統計のデータをみても重篤な合併症の可能性が高い手術です。外科手術の是非により予後が大きく変わる疾患といえます。そのため当科では、治癒切除が可能と考えられる限り手術をおこなう方針としております。

当院の膵・胆のう・胆管がん等に係る手術等実績

(2018年実績)

胆のう

胆嚢悪性腫瘍手術(胆嚢に限局するもの(リンパ節郭清を含む。)) 3
内視鏡的胆道ステント留置術 1

胆管

内視鏡的胆道ステント留置術 10
膵頭部腫瘍切除術(リンパ節・神経叢郭清等を伴う腫瘍切除術の場合) 3
経皮経肝胆管ステント挿入術 1
内視鏡的胆道結石除去術(その他のもの) 1
内視鏡的膵管ステント留置術 1
内視鏡的胆道ステント留置術 9

膵臓

内視鏡的膵管ステント留置術 2
膵頭部腫瘍切除術(リンパ節・神経叢郭清等を伴う腫瘍切除術の場合) 2
胸水・腹水濾過濃縮再静注法 1
内視鏡的胃、十二指腸ステント留置術 1
内視鏡的胃、十二指腸狭窄拡張術 1
膵体尾部腫瘍切除術(リンパ節・神経叢郭清等を伴う腫瘍切除術の場合) 1
膵頭部腫瘍切除術(血行再建を伴う腫瘍切除術の場合) 1