予約専用ダイヤル 0299-85-1121
「胃がん」への当院の診療について

胃がんは、胃の壁の最も内側にある粘膜内の細胞が、何らかの原因でがん細胞になって無秩序に増殖を繰り返すことで生じます。胃がん検診などで見つけられる大きさになるまでには、何年もかかるといわれています。大きくなるにしたがってがん細胞は胃の壁の中に入り込み、外側にある漿膜(しょうまく)やさらにその外側まで侵食し、近くにある大腸や膵臓(すいぞう)にも広がっていきます。

胃がんの発生については多くの研究が行われており、いくつかのリスク要因が指摘されています。中でも、喫煙や食生活などの生活習慣や、ヘリコバクターピロリ菌の持続感染などが胃がん発生のリスクを高めると評価されています。食生活については、塩分の多い食品の過剰摂取や、野菜、果物の摂取不足が指摘されています。

日本人のヘリコバクターピロリ菌の感染率は、中高年で高く、若年層では近年低下傾向にあります。ヘリコバクターピロリ菌に感染した人のすべてが胃がんになるわけではありませんが、現在、除菌療法が胃がんにかかるリスクを低くするという研究結果が集積されつつあります。感染していることがわかれば除菌療法が推奨され、定期的な胃の検診を受けることが勧められます。感染の有無に関わらず、禁煙する、塩や高塩分食品のとり過ぎに注意する、野菜、果物が不足しないようにするなどの配慮が重要となります。

胃がんは、早い段階で自覚症状が出ることは少なく、かなり進行しても無症状の場合があります。代表的な症状は、胃の痛み・不快感・違和感、胸やけ、吐き気、食欲不振などがありますが、これらは胃がん特有の症状ではなく、胃炎や胃潰瘍(いかいよう)の場合でも起こります。検査をしなければ確定診断はできませんので、症状に応じた胃薬をのんで様子をみるよりも、まずは医療機関を受診し、検査を受けることが重要です。症状の原因が、胃炎や胃潰瘍の場合でも、内視鏡検査などで偶然に、早期胃がんが発見されることもあり、貧血や黒色便が発見のきっかけになる場合もあります。食事がつかえる、体重が減る、といった症状は、進行胃がんの可能性もあるため、早めの検診で早期発見を心がけましょう。

当院の胃部がん等に係る手術等実績

胃切除術(悪性腫瘍手術) 9
腹腔鏡下胃切除術(悪性腫瘍手術) 7
胃全摘術(悪性腫瘍手術) 5
腹腔鏡下胃全摘術(悪性腫瘍手術) 1
腹腔鏡下胃腸吻合術 1
内視鏡的胃ポリープ・粘膜切除術(早期悪性腫瘍粘膜下層) 8
内視鏡的胃、十二指腸ポリープ・粘膜切除術(早期悪性腫瘍粘膜下層) 5
内視鏡的胃、十二指腸ステント留置術 3
内視鏡的消化管止血術 2
胆管外瘻造設術(経皮経肝によるもの) 1

(2018年実績)

主な病態および対象疾患

内科領域

早期胃がんのうち、径2cm以内で腫瘍瘢痕を合併しない分化型膜がんは、内視鏡的切除の適応病変とされます。

近年では、粘膜下層剥離術(ESD:Endoscopic Sub-mucosal Dissection)の普及により、潰瘍瘢痕を合併しない分化型粘膜がん(径を問わず)、潰瘍瘢痕をともなう径3cm以内の分化型粘膜がん、潰瘍瘢痕を合併しない径2cm以内の未分化型粘膜がんも適応拡大病変としてESDの検討対象となります。

外科領域

外科では、手術や化学療法等の治療が診療の中心となります。手術は、内視鏡的治療の適応外の早期がんから遠隔転移のない進行がんが主な対象となります。また、切除不能な進行再発がんに対する化学療法も積極的におこないます。

当院での診療の特徴

内科領域

当院では、早期胃がんの診断のためのスクリーニング検査の段階から拡大内視鏡、狭帯域光観察が可能な体制を整えております。

治療を前提とした精密検査においては、これらを用いた範囲診断や組織型診断のみならず、深達度診断のための超音波内視鏡、遠隔転移の検索のためのCT検査も含めて施行し、安全で適切な治療方針の決定をおこなっております。
適応外病変や進行胃がんについては、消化器科以外の医師や薬剤師、看護師、診療放射線技師を含むCancer Boardを通じて、垣根なく最適な治療方針を決定致します。

外科領域

内視鏡的治療の適応外の早期胃がんに対しては、腹腔鏡下胃切除術の良い適応であり、当院でも積極的に施行しています。進行胃がんに対しては、手術(幽門側胃切除、胃全摘)をおこない、術後の病理組織診断にてStage Ⅱ、Ⅲの症例では、術後補助化学療法を施行しています。

近年、化学療法の進歩により奏功例も多く経験するようになっています。切除不能な進行がん、再発がんにおいても胃空腸バイパス術などの経口摂取をめざした緩和手術も症例に応じておこなっています。